OKEON workshop for high school teachers

HighSchoolTeachersWorkshop01
「OKEON美ら森プロジェクト」における高大連携の取り組みとして、沖縄本島内の高校生物の先生方を対象に、ワークショップを開催しました。今回のテーマは、「研究者、先生方、そして生徒、三者が得する高大連携の取り組みを考える」。先生方とそれぞれの目当てや視点を共有することで、みんなにプラスになる取り組みをしたいと考えました。今回は、普天間高校、読谷高校、首里高校から先生方が参加。
当日は先生方と活発な議論が行え、今後の取組への新しいアイデアも出て、有意義なワークショップとなりました。この様子の一部は、6月23日の沖縄テレビ、夕方のニュース特集「河川・環境シリーズ」で放映されました。

We organized a workshop at OIST for Okinwan local high school biology teachers as a networking activity for the OKEON Chura-mori Project. Participants were teachers from Futenma, Yomintan, and Shuri high schools. The theme of the workshop was “How can we create a win-win relationship through University-high school collaboration?” We had a good brainstorming session and shared many ideas. Part of the workshop was broadcasted on local Okinawa news.

Share on FacebookShare on RedditTweet about this on Twitter